ページタイトル

費用について

ホーム > 

法律相談料

30分あたり 5,400円(税込)

※ただし、交通事故、借金問題のご相談は初回相談無料

空白
民事訴訟

1. 着手金

事件の経済的な利益の額が…

300万円以下の部分 8%
300万円を超え、3,000万円以下の部分 5%
3,000万円を超え、3億円以下の部分 3%
3億円を超える部分 2%

※上記基準を参考にして、依頼者の資力、事案の難易、労力などを考慮したうえで決めます。なお、着手金の最低金額は10万円で、着手金の減額、分割払いにも応じています。また、事件の長期化が予想される場合、着手金の金額を抑えて中間金をいただく形で調整させていただくこともあります。

2. 報酬金

事件の経済的な利益の額が

300万円以下の部分 16%
300万円を超え、3,000万円以下の部分 10%
3,000万円を超え、3億円以下の部分 6%
3億円を超える部分 4%

※上記基準を参考にして、依頼者の資力、事案の難易、労力などを考慮したうえで決めます。なお、着手金を低額に抑えた場合、報酬金を割増しにする形で調整させていただくこともあります。

空白
示談交渉及び調停事件

1. 着手金

民事訴訟の金額の3分の2

※着手金の最低金額は10万円です。

2. 報酬金

民事訴訟の金額の3分の2

空白
民事訴訟

1. 示談交渉及び調停事件

着手金、報酬金ともに20万円~50万円の範囲内の金額

※離婚原因の有無、親権、養育費、財産分与、慰謝料などを考慮したうえで上記金額の範囲内で決めます。財産分与、慰謝料等の金額によっては、上記金額に加算されることがあります。

2. 訴訟事件

着手金、報酬金ともに30万円~60万円の範囲内の金額

※示談交渉及び調停事件から訴訟に移行した場合、着手金の金額は上記金額の2分の1。財産分与、慰謝料等の金額によっては、上記金額に加算されることがあります。

空白
民事訴訟

1. 調査 (事故状況の調査、過失割合の認定、後遺障害等級の認定、被害金額の算出のみの場合)

調査料 10~20万円

2. 示談交渉

着手金 30万円 / 報酬金 相手方から得られた金額の5~10%

※事案の難易、労力、経済的利益の金額によっては、上記金額に加算されることがあります。
※別紙報酬規程参照

3. 訴訟事件

着手金 30~50万円 / 報酬金 相手方から得られた金額の10%

※事案の難易、労力、経済的利益の金額によっては、上記金額に加算されることがあります。

※ご加入の保険の弁護士費用特約を利用してお支払いいただくことも可能です。

空白
遺産分割事件

1. 示談交渉及び調停事件

着手金 30~60万円 / 報酬金 民事訴訟の金額の3分の2

※事案の難易、労力、経済的利益の金額によっては、上記金額に加算されることがあります。

空白
債務整理

1. 任意整理

着手金 1社につき 32,400円
報酬金 過払金の返還を受けた時は、回収額の20%
実費費用預り金 10,000円

2. 自己破産

着手金 324,000円
実費費用預り金 50,000円

3. 個人民事再生

着手金 324,000円
実費費用預り金 50,000円
空白
遺産分割事件

5~20万円

※ただし、特殊、高度な専門知識を要する場合、依頼者と協議の上で別途定めます。

空白
遺産分割事件

5~20万円

空白
遺産分割事件

3~5万円

遺産分割事件空白
1. 定型的なもの 10~20万円の範囲内の額
2. 非定形的なもの 経済的な利益の額等を考慮して、依頼者と協議の上で定めます。
空白
遺産分割事件空白
法人の場合 月額原則 5万円(消費税別)以上
個人・個人事業主の場合 月額原則 3万円(消費税別)以上
空白
画面上に戻る